スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

悠久の時を越え…

2011.04.29 Fri

種から育ち
森
石の上にもしっかり根を張り生きていく強さ



秀吉の時代から始まったとされる、伐採の痕
切り株
400年以上の時を越え
朽ちることなく続く生命力に、驚かされる



切り株更新
切り株2
一代目の切り株が、このような姿になってもなお
その上に種を着床させ、二代目三代目と生きつづける杉たち



緑豊かな森の中
大自然のエネルギーに包まれ
昔も今も、そしてこれからも
絶え間なく続いていく時の流れ

大きく深呼吸して
私も森とひとつになる…







屋久島では、樹齢千年以上のものを
「屋久杉」というそうです

999年までの杉は、「小杉」
999年生きていても、小っちゃい杉だなんて!
スケールが違います

杉の樹齢は、長くても500年程度だそうですが
栄養分の少ない花崗岩の上に生える屋久杉は
成長が遅く木目がつまっていて、とっても堅いので寿命が長い
その丈夫さから、江戸時代は屋根瓦の下に敷く野地板にするため
盛んに切りだされていたそうです

また屋久杉は、樹脂分が多く腐りにくい
400年前の切り株が腐らずに残っているのは
そういう理由なんですね
納得です



縄文杉
縄文杉
大きさから推定した、樹齢7200年という説や
内側の空洞から採取した木片の科学的計測値からの2170年説など
その樹齢には、ナント5千年の幅があります
でも、たとえ樹齢2千年だったとしても
十分スゴイです!

樹高25.3メートル
7、8階建てのビルくらいの高さです
根を傷めないように設置された展望デッキからでも
見上げていると、首が痛くなりそうです



名前の由来は、「縄文時代からの生きた化石」から
縄文杉 幹
ナナカマドなど何種類もの着生樹を伴った表皮は
白く乾いてかさかさです
樹脂分が多く、みずみずしく苔むす屋久杉もある中
圧倒的な風格です







3月17日から3泊4日で行ってきた屋久島・鹿児島の旅

今頃になってやっとお披露目です(+o+)

旅行前、屋久島トレッキングの準備で苦労したので
これから屋久島旅行をする方のために
お手軽な服装や持ち物などなど、詳しくご紹介しようと思ったのですが
(ガイドブックのとおり用意してたら、金額的に大変なことになります!)
時間がたつにつれ
誰かの役に立ちたい、という思いとは裏腹に
重い腰が、ますます重くなってしまいました~(≧ω≦)☆

そうこうするうち、始まっちゃったゴールデンウィーク
3月と今じゃ、気候も違うし
もうこうなったら、来年3月までにまとめることにします
→のカテゴリ「屋久杉の旅」が増えていたらチェックしてみてくださいまし~
この記事の後に、ぼちぼち記事を増やしていこうと思います

いえ…予定は未定ですが…(⌒・⌒)ゞイヤァ…







花の高校受験前の1月初旬
早々に屋久島旅行の予約を入れたダーリン
旅行日程には、私立高校の入学説明会の日が含まれていたのでした~

「もし、私立に行くことになったらどうするの?
説明会、行けないよぉ!」

「大丈夫、花はぜったい県立受かる!!」

…なんとも強気なダーリンだったのでした…

私は、キャンセル料がとっても気になっていたけれど
ダーリンは、たとえ私立に行くことになっても
なにか法事をでっちあげ、説明会を欠席させて
旅行に行く気満々だったみたいです
v(≧∇≦)v



「最後の家族旅行なので…」
と、エコツアーガイドさんに頼んで何枚も撮ってもらった家族写真
その時は、そんなに深く考えていなかったけれど
やっぱりあれが、家族全員がそろう最後の旅行だったのかなぁ
と、今になってしみじみ

このゴールデンウィークをみても
子どもたちには、それぞれ部活動や試合が入っていて
家族全員がそろう休みの日が、一日もない!!!

縄文杉の前で、家族写真
縄文杉家族写真
えらいぞダーリン♪




そのダーリンは、昨晩から四国の実家へ単身帰省
連休前半は、田植えのお手伝いです

わが家の1年分のお米がすくすく育つよう
しっかり働いてくるのだぞ!

そして、少しはやせて帰ってきてねぇ~
(夜な夜な、お義兄さんと飲んだくれ、かえって太るという噂もある…)














やっぱり、私は鬼嫁???
いえいえ、そんな~照れますわ~ヾ(≧▽≦)ノ

私はといえば
子どもたちのオサンドンをしつつ
この3連休で
部屋の大改造をもくろんでおります

とにかく、家中にあふれている本をなんとかしたい!!!
わが家にある本棚は、作りつけのものも含めて
前後に収納できる、スライド式大容量の本棚もあるのに
私は、図書館で借りるようにしているのに
それでも本が収まりきらないって、どういうこと?

そう、それは
セッセセッセとお買い上げになる、あのお方のせい

ねぇねぇ、ここ、ここ!
こーんな奥の方に積まれている本たち
なくなっても、ダーリン気がつかないんじゃない???
鬼の居ぬ間に、行ってくる?
ブックオフが私を呼んでいる!

次郎の通っていた幼稚園で
被災地へ絵本や本を送ることになったので
「孫」に残しておきたい絵本を除いて、すべて献品
(孫って、どんだけ先の話ぢゃ!)
すこ~しだけ、本棚がすっきりしました

この調子で、ねぇ…
あとは…
あの本たちよ、ねぇ…

おっほ~
どうする?
鬼嫁、本領発揮か???



I love Japan
素敵な休日を♪



スポンサーサイト

カテゴリ:屋久島の旅 | コメント(10) | トラックバック(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。